好生館プロジェクト

会社案内

企業理念

若者の真に為になるコトを追求し
豊かな人生と社会生活づくりに貢献する

会社概要

会社名 株式会社好生館プロジェクト
代表者 代表取締役 横井 優樹
設立日 令和元年11月1日
Mail info@koseikanproject.com
TEL 052-211-8152
本社所在地
本館サテライト
名古屋市中区錦1-10-12 服部ビル10F
名古屋市昭和区妙見町108-8 ハイツ山幸101
取引銀行 みずほ銀行 名古屋駅前支店
名古屋銀行 本店営業部
主要取引先

株式会社デンソー
敷島製パン株式会社
〔中部電力グループ〕
株式会社TSUNAGU Community Analytics
学校法人南山学園 南山大学
株式会社栗田商会
つばめ交通協同組合
株式会社ゲイン
株式会社フォワードインターナショナル
株式会社デイリーインフォメーション中部
大和グラビヤ株式会社
株式会社エル・シー・エス
あいほーむ株式会社
愛知県議会議員 黒田太郎 ほか
(敬称略・順不同)

代表あいさつ

どこまでも泥臭く
お客様・若者・働く仲間
すべての家族を幸せにしたい

弊社は「若者の真に為になるコトは何か?」という問いのもと、若者が活躍できる場をつくることが企業の利益、社会の公益に繋がる世界を実現すべく、令和元年11月1日に学生ベンチャーとして立ち上がりました。

少子高齢化、人口の東京一極集中、教育格差…現在のニッポンには大きな社会問題が山積しております。その中でも将来のニッポンを担う若者が今をいかに生きるか、ということは今後の日本社会において重要な課題だと考えます。

若者、全ての中小企業、共に働く仲間、その全ての家族が幸せになれるよう、誠心誠意一つひとつの仕事に取り組み、どんな課題にも好奇心を持ってチャレンジすることで、明るい未来を創ってまいりたいと存じます。

未熟者ではございますが、引き続きご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

株式会社好生館プロジェクト
代表取締役 横井優樹
代表あいさつ

ヒストリー

2018年8月
愛知県名古屋市にて横井優樹が創業
2019年4月
第1回仮面就活オフ会開催
2019年9月
中部経済新聞に「仮面就活オフ会」が掲載
2019年11月
株式会社好生館プロジェクトとして法人化 本社を現在の中区錦に移転
2020年5月
WINTERNSHIP リリース

好生館の由来

弊社の社名である「好生館プロジェクト」は、現在のホテルナゴヤキャッスルの場所に弊社代表 横井の高祖父である横井信之が開業しました「好生館病院」が由来となっています。
 
横井信之は、名古屋大学医学部附属病院の前身である愛知公立病院長、名古屋師団軍医部長を経たのち、名古屋で西洋医学を学ぶ場がないことを憂い、自ら西洋医学を学ぶための私塾として、明治12年(1879)に現在の名古屋市西区北鷹匠町にて「好生舎」を創立しました。
 
その後、信之は「医は仁術なり」という志のもと、明治17年(1884年)に名古屋城のほとりにて「好生館病院」を開業しました。
 
明治24年(1891年)に信之が死去したのちも、「好生館病院」は、横井家の後裔によって受け継がれ、空襲で名古屋城とともに焼け落ちるその日まで、中京圏最大級の私立病院として、このナゴヤの医療を支えてきたといわれています。
スクリーンショット 2020-10-31 14.23.57@2x
好生館病院 創立者 横井信之
名古屋城と並ぶ在りし日の好生館病院
正面から眺める好生館病院
当時の好生館病院で働く人々
現ナゴヤキャッスルに残る赤レンガ塀