好生館プロジェクト

MISSION

デンソーコーポレートキャラクター
「デンまる」に個性を吹き込み、
温かみある企業コミュニケーションの形を
考えよう!

#リアル×オンライン
#広報
#コンテンツプロデュース
#ブランディング
#SNS発信
#マーケティング分析
#大企業
【受け入れ企業】 株式会社好生館プロジェクト
※今回は弊社のコラボプロジェクトメンバーとして参画していただきます。

【参画先企業】
株式会社デンソー
HP:https://www.denso.com/jp/ja

職種

プロデューサー

インターン期間

6か月(インターン生と相談の上、変更になる可能性もあります)

こんな人におすすめ

✔ 企業の広報担当者を目指している人
✔ブランディング・マーケティングの現場に携わってみたい人
✔ 大企業の方と働く経験を積みたい人

WINTERNSHIPでは、好生館プロジェクトが目標設定やフィードバック、個別相談などを通して、どんな学生さんも思う存分チャレンジできるサポートをしていきます!

募集要項

応募条件

・SNS,媒体発信に興味のある方
・キャラクターコミュニケーションに興味のある方
・情報感度が高い方、情報感度の高い知人・友人をお持ちの方
(リサーチ時にヒアリングをお願いする予定です)
・企画するのが好きな方
・インターンシップに使用できるPCを所有している方
・週12時間以上稼働できる方
・スピード感重視のため、迅速な対応ができる方

給与

月額報酬5万円 交通費全額支給
但し、最初の2ヶ月は研修期間として月額報酬3万円になります。
※弊社との業務委託契約になります。

求める人物像

・自発的にアクションを起こして意見や提案ができる方
・大企業の方と働く経験を積みたい方
・チームワーク∕協調性を大切にする方

応募先

プロジェクト内容

プロジェクト内容

今回のプロジェクトでは、デンソー×好生館プロジェクト コラボプロジェクトとして、 株式会社デンソー 広報渉外部 デジタルコミュニケーション課の皆さんならびに弊社メンバーと共に、デンソーグループコーポレートキャラクター「デンまる」のキャラクター設定ならびにコミュニケーションの設計と検証に取り組んでいただきます!


デンまるとは?

デンまるとは、2019年のCMをきっかけに誕生したデンソーのコーポレートコミュニケーションキャラクターです。

チャーミングなフォルムと愛らしいスマイルでデンソー社員の方から支持を得ています。

https://www.denso.com/jp/ja/about-us/densoworld/

ゆるキャラグランプリに出場したり、社内や地域のイベントに登場したり、マスコットやLINEスタンプとして子どもたちと遊んでもらったりと、とっても親しみやすいキャラクターです。
デンソー社員の方にはグッズをたくさん集めている熱狂的なファンもいるんだとか…!

 

本プロジェクトの内容

今回はデンソーのキャラクター「デンまる」に個性を吹き込み、日本中の若者に親しんでもらうための企画立案・実行部隊として活躍していただきたいと考えています。ブランドコミュニケーションの情報収集、調査、分析をロジカルに行える能力、ターゲットの興味関心を惹き付ける魅力を考えられる第三者視点、継続できるキャラクターコミュニケーションとはどんなものなのか追及する力を鍛えながら、試行錯誤を繰り返して取り組んでいただきます。


具体的には以下の2つのお仕事をメインにお任せします。

「デンまる」のキャラクター設定に関する企画立案
「デンまる」という名前や元気で親しみやすい性格、社会のためにクルマを動かして働いていることなどのベースとなる「個性」と、着ぐるみ、画像などの今までの施策の中で生まれたアセットを活用して、よりリアルな人格を設定し、今後のキャラクター活用に広がりが持てるようなキャラクター設計を行います。

具体的には、企画を行うための様々な関係者や学生へのヒアリングなどを通し、ターゲットや媒体分析を行っていただくほか、他社のキャラクター分析などにも携わっていただきます。


「デンまる」のキャラクターコミュニケーション設計・検証

本プロジェクトでは、キャラクター設定をすることだけにとどまらず、実際にキャラクターコミュニケーションの実践にもトライしていただきます。
具体的にはInstagramやTwitterなどのデンまる個性を生かしたSNSのアカウント運用や、下記の媒体を効果的に組み合わせた多角的なプロモーションをしていただくイメージになります。


(想定媒体)

YouTube、Twitter、Webサイト(DENSO WORLD)、採用サイトなどの自社メディアや

社会貢献、地域活性化イベント、既存キャラとのコラボなどの社外イベント

ほか

コーポレートキャラクターとして継続性のあるコミュニケーションを行うという長期的な視点を考慮し、キャラクター設定やコミュニケーション設計にトライしてみましょう!

 


また、プロジェクトの流れは以下のようなイメージです。


①デンまるに軸を持った個性をプラスし、社会にも愛されるキャラ個性を確立させる。

②キャラクターコミュニケーション施策・運用を継続する。

 

◉株式会社デンソー 広報部 デジタルコミュニケーション課のご紹介

【COMPANY・INTRODUCTION】

どんな企業?

株式会社デンソーは、1949年(昭和24年)に日本電装株式会社として創業し、現在では世界の主要なカーメーカーに幅広い製品を供給しており、世界の自動車産業を支える企業です。

事業内容としては、自動運転、電気自動車などの自動車部品を主としたモビリティ分野を以外にも、医療ロボットや工場機械、QRコードなどに代表される産業機械分野(FA)、バイオなどを含む食・農分野などがあり、様々な領域で展開しています。

https://careers.denso.com/business/

テクノロジーへの依存度が高まっている現代、デンソーは人に寄り添い幸せの本質とは何かを考え続け、ウェルビーイングな世界を作りたいと願っています。そんな日常を支えるテクノロジーを、世界に誇る実現力で、暮らしのなかに実装し続けます。

今回、弊社とともにプロジェクトを行う株式会社デンソーデジタルコミュニケーション課の皆さんの様子を覗いてみましょう。

デジタルコミュニケーション課では、主にコーポレートサイトの企画・運用をはじめ、採用広報コミュニケーション戦略やWEB企画、企業ブランディングや採用ブランディング戦略など、デンソーのあらゆるブランディング施策やデジタルコンテンツのプロデュースをしている部署です。

 

デンソーが抱える多くの課題に対し、各所と連携しながらあらゆるデジタルコンテンツを生み出しています。

なんでもデジタルコミュニケーション課は、周りから “動物園” と呼ばれるほどの個性派が集まっているとのこと。

たしかに、私も何度もコミュニケーションを取らせていただきながら、デジタルコミュニケーション課の皆さんの既存の概念にとらわれない自由な発想や面白いアイデアに触れていると、まるでベンチャー企業の方と話しているかのような気分になります…!

 

今回のプロジェクトに関わってくださるのは、デジタルコミュニケーション課の坂口さんと大橋さん。

坂口さんは、大学院修了後にデンソーに入社。

情報企画部で、社内システムや受注/生産管理系システムの企画開発に取り組んだのち、広報渉外部 デジタルコミュニケーション課に配属。

コーポレートサイトのリニューアルを手掛けたり、採用ブランディングを人事部とともに取り組んだりと、積極的に新たな取り組みにチャレンジしながら、大企業ならではのセクショナリズムに風穴を開け、抜本的な企業改革に挑戦されています。

大橋さんは、芸大の大学院修了後にデンソーにデザイナーとして入社。

ブランドビジュアル等グラフィックコンテンツの企画・制作に携わっています。

また、事業プロジェクトを紹介するオウンドメディアStoriesの記事制作や食・農分野のプロジェクト、採用ブランディングなど幅広く関わり、事業や技術など従来発信してきた側面だけでなく、今まで伝えられてこなかった人や温かみといった魅力にも焦点を当てた新たなコミュニケーションを模索中です。

デンソーのキャラクター「デンまる」をデザインした生みの親。

◉株式会社デンソー デジタルコミュニケーション課 坂口・大橋からのメッセージ

私たちチームでは、各ターゲットへ向けたコミュニケーションの企画立案、制作発信を行っています。

 

しかし、今まで技術や先進性をアピールしてきましたが、そういった発信に偏ってしまっているせいか、近寄りがたく実生活とは遠い印象を持たれている人も少なくありません。

また、今まで多く関わりのあった東海圏や自動車業界、ものづくり関連の方からは弊社をよくご存じいただいている方が多いものの、他地域や若年層の方からはあまり関心を持たれていないという現実があります。

 

今回、皆さんのお力をお借りして、キャラを活用していくことで、そういった方々にデンソーに興味を持ってもらい、親しみを感じてもらいたいと思っています。

本企画に、是非皆さんのフレッシュな感性や知識を貸していただけないでしょうか?

 

一同、皆さんとお仕事させていただけることを心から楽しみにしています!

株式会社デンソーデジタルコミュニケーション課 坂口・大橋
応募先はこちらです!