好生館プロジェクト

MISSION

最新映像技術を用いた新規サービスの販路拡大に挑戦しよう!

#営業
#企画・提案
#マーケティング
#撮影補助
#3Dスキャンカメラ
#次世代カメラ機器

【受け入れ企業】

株式会社 映像畑

HP:https://www.eizobatake.co.jp/

職種

営業・企画・マーケティング・撮影補助...etc

インターン期間

6か月(インターン生と相談の上、変更になる可能性もあります)

こんな人におすすめ

✔企業での営業に携わってみたい人
✔自分で企画を作り出し、提案する技術を身に着けたい人
✔ 最新の映像技術などに興味がある人
✔社会で役立つコミュニケーション能力を身に着けたい人

WINTERNSHIPでは、好生館プロジェクトが目標設定やフィードバック、個別相談などを通して、どんな学生さんも思う存分チャレンジできるサポートをしていきます!

募集要項

応募条件

・週10時間程度、平日2日以上の勤務が可能な方
・インターンシップに使用できるPCを所有している方
・インターネット環境がある方

給与

・時給:1000円~
 (能力等により昇給あり)
 +案件成立ボーナス
・交通費別途支給

【応募先】

・プロジェクトに応募される方は、下のリンクよりご応募ください!

【お問合せ】

・プロジェクト内容に興味や気になることがある方は、下のリンクよりご連絡ください!

インターンの内容

株式会社映像畑では、360°映像コンテンツや3Dモデルを作成できる「Matterport」というカメラを活用したサービスを立ち上げました。

新規事業であるこのサービスの営業を行っていただきます。

法人への営業活動を通じて、新規顧客を獲得することがインターン生の目標です。最終的には、撮影当日の技術的補助も行ないます。

自由な発想でサービスを設計し、新規事業を拡大させていきましょう!

今回のプロジェクトでは、株式会社映像畑の新規事業における販路開拓チームの一員として
①新規事業の営業
②撮影日当日の撮影補助
の2つのお仕事にチャレンジしていただきます。

①新規事業の営業
具体的には
・営業先の選定
・営業のアポ取り
・企画提案
・企画のタイムスケジュール管理等

といったような、新規事業の営業に関する一連の業務を行っていきます!
プロジェクトの序盤は営業同行や社員さんからの研修など、実際の業務に必要なスキルを身に 着けるための期間もありますので、営業に関するスキルを持っていない方でも安心して参加いただけます!

②撮影日当日の撮影補助
自らが営業で獲得した案件に関して、撮影補助員として実際の撮影に出向いていただきます。 最新鋭の機材を用いて行われる撮影の様子を間近に感じることができます!

プロジェクトの流れは以下のように想定しています。

①事前準備
今回提案する「Matterport」の商品理解や営業の進め方を研修などを通して進めます。 研修後、実際の営業に同行して営業の感覚を肌で感じていただきます。
②営業業務

実際の営業を行なうに先立ち、どのような業界にサービスを提供していくのかを考え、営業先の選定を行なっていただきます。その後、実際に提案のアポイントを取っていきます。提案の際には、研修で学んだ機材や営業の知識を活かし、営業回数を重ねながら、お客様にサービスの内容を簡潔に、かつ正確に伝える力を伸ばしていきましょう!

③サービス設計
営業先と話し合いを進めながらサービスの設計を行っていきます。どのような場所を撮影し、 どのような形で見せるかを提案しながら、お客様への価値提供を最大化できる企画を作り上げていきましょう!
④撮影同行
当日の撮影に参加し、撮影担当者の補助的な役割を果たしていただきます。

映像畑の紹介

【COMPANY・INTRODUCTION】

株式会社映像畑は名古屋に本社を構える独立映像制作会社で、東京にも支社を持つ映像制作のスペシャリスト集団です。 

【歴史】

映像畑が導入を決定した機材は他の映像会社も追随して導入するほどで、パイオニア的立ち位置として注目されています。

主な事業内容は、CMやミュージックビデオなどの動画撮影および、ポスター広告やチラシ等の 写真撮影と、それに伴う機材手配や動画編集です。

2011年に名古屋市昭和区広見町に事務所を構え、2019年には東京事務所や写真部門の開設も行い、現在社員数は12名まで拡大し、成長を続けています。

【映像畑の強み】

映像畑の強みは、「名古屋の映像制作会社」ではなく「名古屋で唯一の機材を持つ映像会社」で ある点です。
ハリウッド映画の『ランボー』『ラスト・ブラッド』『ミッドウェイ』、ドラマ『相棒』で使用されたハイス ペックカメラ等を所有しており、今まで東京や大阪の映像会社にしかなかったような特殊機材を、名古 屋で唯一取り扱っているため、お客様のニーズに応える会社としてその立場を確立しています。

【社風】

株式会社映像畑は、自分のことは自分でやる自立した若者の応援を積極的に行っており、20代の社員が多く活躍しています。
「若い人の意見に乗ってみる、間違っていたら修正したらよい」という西田社長の考えで、若手社員が就業規則の改訂やルールも自発的に経営陣に提案する社風です。

新型コロナウイルスの流行による緊急事態宣言の影響で仕事が大幅に減少した時も、週1回の全社ミーティング以外の時間は休息や、自己成長のための勉強に充てるよう、西田社長は指示を出していまし た。

なぜ経営的に厳しいはずだったコロナ禍でもこういった大胆な施策がとれたのか?
それは、西田社長が映像畑を「寺子屋」と定義しているためです。
「20代の若い芽を育て、実のなるころには独立することを推奨しており、将来的には映像畑グルー プとして独立した元従業員とともに組織を大きくしていきたい」と西田社長は語っていました。

その結果、若手社員がグループを自発的に作って勉強会を行ってスキルを上げ、より強固な組織の結束につながりました。

「学生とともにプロジェクトを進めることが初めてだが、皆で楽しみながらサービスを作り上げていきたい」と語る西田社長の目の奥には、職人魂からくる情熱の炎がめらめらと燃えているように感じられました。

担当者からインターン生へのメッセージ

映像畑では、動画・写真撮影からドローン、ライブストリーミング事業等、常に新しい映像コンテン ツを取り入れています。
今回のMatterportは、またさらに新たな試みです!
皆さんの感性と発想力を期待しています。

※左から、インターンシップ第Ⅰ期生の水口さん・藤代さん、株式会社映像畑の平野様

【応募先】

プロジェクトに応募される方は、下のリンクよりご応募ください!

【お問合せ】

プロジェクト内容に興味や気になることがある方は、下のリンクよりご連絡ください!